TIPS紹介とか日々の写真とか。

 iTunes Store(Japan)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  | スポンサー広告  | TOP↑
【アプリ】Maps+ - 軽くてルート検索もできる
iOS6の使えないマップ。
私はこのアプリに落ち着きました。

 Maps+

起動直後こそ地図しか表示されないので、えっ?となりますが、
右下のToolsからEditで各機能へのショートカットを画面上下に自由に配置できます。
GPSによる現在地はもちろん、ルート検索も可能。
3本指で上下にスライドすれば、標準地図、衛星、ハイブリッド、地形と簡単に表示を切り替えることができます。

iOS標準のマップもコツコツ更新されているようですが・・・まだ時間がかかりますかね。
何を使えばいいのか悩んでる方は一度お試しあれ!
スポンサーサイト

Tag : アプリ 


  | アプリ  | comment:0  | trackback:0  | TOP↑
【アプリ】TeamViewer - iPhone4でPCを遠隔操作する
ずっと前からやろうやろうと思っていたiPhoneからのリモートコントロール。
古くはVNCから、Windows標準ではリモートデスクトップ(RDP)に類似するもの。

iPhoneを使い始めた頃、VNC系で試行錯誤していたのだが上手く行かず。アプリも有料が多いし。
先日ふとしたことからリモートデスクトップを調べ始めそこから辿り着いたのがこのアプリ。


teamviewer.jpg  TeamViewer

これ単体で動作するのではなく、相対するソフトをPC側にインストールしなければならない。
以下のリンク先からダウンロード。

TeamViewer - ネット経由のパソコン遠隔操作(リモートコントロール)ソフト

ちなみに直接ソフトを実行できる。
システム起動時にスタートアップさせるためにはHDDにインストール。


teamviewer_1.jpg
簡単なセットアップウィザートに従い入力。

teamviewer_2.jpg
適当に。

teamviewer_3.jpg
アカウントは作成しなくても動作します。

teamviewer_4.jpg
セットアップが終わると使用中のIDとパスワードが表示されます。(ソフトが自動的に設定)


iPhone側のアプリ。
teamviewer_5.jpg
TeamViewer IDのところにソフトが指定したIDとパスワードを入力し、リモートコントロールをタップ。
最近の接続に表示されるIDをタップするとID、パスワードが自動で入力される。


これだけです。
ルーターに穴開けなどのややこしい設定はいりません!
そしてwi-fiは当然ながら3G回線でも快適に動作するのが素晴らしい。

teamviewer_6.jpg
接続状態。縦表示と横表示。

teamviewer_7.jpg
拡大したところ。

teamviewer_8.jpg
キーボード表示。Fnキーなども使用可能。

Tag : アプリ 


  | アプリ  | comment:0  | trackback:2  | TOP↑
【アプリ】Google Places - 周辺のお店情報
places.jpg  Google Places

1月12日にリリースされたばかりで、
現在地を取得し周辺の飲食店、カフェ、バーなどを検索して表示してくれるアプリ。
この手のアプリは何種類かあるが、これは食べログやぐるなびの評価やクチコミまでも表示可能。
当然ながらお店への電話やマップ表示、およびそこまでのルートもワンタッチ。
Googleのアカウントにサインインすればレート付けもできる。


places_1.jpg

アプリを起動するとデフォルトで9つのカテゴリが表示される。
Cofeeをタップすると画像中央のようにGPSを拾って周辺のお店がずら~っとリストに。
ここで住所の後ろに注目!!なんと矢印と距離が表示されているのです。
しかもiPhoneの向きを変えればそれに応じてこの矢印も回転!!これは便利。
さらに右上をタップすればマップ上にそのお店を示すピンが刺さる。
現在地からどれくらい離れているかが一目瞭然になります。
お店を選んだら、マップに表示や電話、そこまでの経路、下には店のクチコミなどが並ぶ。


places_2.jpg

また起動直後の画面で右上の+をタップして検索ワードを入力するとそれがアイコンとして表示される。
スタバを検索するアイコンを追加すればスタバのみの検索結果が表示される。これまた便利。
アイコンを長押しすると見慣れたようにアイコンが震えだし、削除、並び替えも可能。

ただしこれは渋谷で使った結果。
地方の田舎などでは満足のいく結果が表示されるかはわからない。

Tag : アプリ 


  | アプリ  | comment:0  | trackback:0  | TOP↑
【アプリ】【TIPS】iPhoneを探す - 設定とアプリ
さてこのMobileMeに加入していなくても無料で使えるようになった機能「iPhoneを探す」。
性格上、携帯をなくすなんてことまずないと思うけど早速設定したよ。


  iPhoneを探す

AppStoreにアプリが公開されているからそれをインストールしてiPhoneを探すんだな。
Storeにアクセスして検索。よしよし簡単。インストール終了。
次はこの機能をONにする設定か。
アプリを起動すると設定方法へのリンクがあるな。

PCから見る人はここだよ。 → アップル - 「iPhoneを探す」機能のセットアップ

図入りで丁寧に書かれてるから設定はわかりやすい。
MobileMeのアカウントを作るのか。それから認証と。


find_iphone_1.jpg

アカウントの作成と確認前後。


問題なく終了。
一応この機能がONになっているか確認してみようかな。
アプリを起動してApple IDとパスワードでログイン。

find_iphone_2.jpg

左はiPhoneの位置と右は可能なリモート操作。


おっ、ちゃんと表示されてる。これでどっか行ってしまっても見つかるな。
ん?あれ?
でもiPhoneを紛失した時にこの機能を使うんだから、アプリを使って探すなんて当然ムリじゃないか!
はい??ど~ゆーこと??
意味わからん!ややこしい!わかりにくい!
そう思ったのは私だけではないはず。で、調べました。


まず、機能としての「iPhoneを探す」とアプリの「iPhoneを探す」がある。
そもそも同じ名前なのがややこしくなる原因。

機能自体はiPhoneの設定でMobileMeのアカウントを追加することで利用可能になり、
その機能を利用する手段としてアプリがあるということ。
だからiPhoneを探そうとして自分のiPhoneにアプリをインストールしても意味がない。
iPhoneを探そうとしてiPadにアプリをインストールすることに意味がある。逆も然り。

じゃ私のようにiPadなどを持っておらず、iPhoneのみという場合はブラウザからこの機能を利用することになる。
→ MobileMeサインイン
もしくは他人のiPhoneからアプリを使って探すことになる。
つまりiPhoneしか持っていない者がアプリをインストールすることで、
他人がiPhoneを紛失し、それを探す際に自分のiPhoneのアプリを利用してもらい発見の手助けができる。
その程度だと理解しましたよ(・∀・)


ちなみに、設定段階で確認メールが来ない人はAppleIDにアクセスしてメール設定をチェック。
いつまで経ってもメールが来ないので確認してみたらメールアドレスが設定されていませんでした。
ID自体は有効なメールアドレスなのにそこに飛んで来ないのは不思議。
さらにiTunesで買い物をした時はIDのメールアドレスに飛んでくるのでなんとも謎。

Tag : TIPS  アプリ 


  | アプリ  | comment:0  | trackback:0  | TOP↑
【アプリ】Remote - iPhone4でiTunesを操作する
すっかり更新が止まってしまいました。
随分肌寒くなりましてやがて冬。寒いの大っ嫌いであります。
今更ながら知った便利なアプリがあるので紹介。
意外と使っていない人が多いのでは?


remote.jpg  Remote

Appleのアプリ。簡単にいうとiPhoneで以下のようなことができる。
使用には多少の設定が必要。

特長
・家のどこにいても、iTunes や Apple TV をコントロール
・iPhone、iPod touch、iPad から、一時停止、巻き戻し、早送り、シャッフル、音量調整が可能
・アルバム、ムービー、テレビ番組のアートワークを表示
・Genius プレイリストの作成とアップデート
・iTunes でのプレイリストの作成と編集
・iTunes ライブラリ全体を検索
・AirPlay スピーカーに音楽を送信するように iTunes をコントロール
・各スピーカーの音量を個別に調整
・指を使った簡単なジェスチャで Apple TV を操作
・キーボードでテキスト入力
・iTunes と新しい Apple TV 上で共有ライブラリを制御


iTunes側の設定。

remote_1.jpg

まずはiTunesのメニューバーの詳細にある「ホームシェアリングを入にする」をクリック。


remote_2.jpg

アカウントとパスワードを入力し、ホームシェアリングを作成をクリック。


remote_3.jpg

以下に書くiPhone側の設定が終わっていれば、デバイスのところにiPhone4が表示される。
それをクリックして右に表示される、ここ(↓画像)にiPhoneに表示されている4文字のパスコードを入力する。

remote_4.jpg



iPhone側の設定。

remote_5.jpg

アプリを起動し、設定のホームシェアリングをオンに。するとApple IDとパスを求められるので入力する。
その後、iTunesライブラリを追加をタップすると4文字のパスコードが表示されるので、
これをiTunes側(一つ上の画像のところ)に入力すればOK!
するとPC側、iTunesのライブラリがiPhoneに表示されあとは自由に操作できる。
注意点としてIDとパスの認証では、iTunes、iPhone双方で同じアカウントを入力するということ。
あとPCとiPhoneが同じWi-Fiネットワークに繋がってる必要がありますからね。


PCで音楽を流しているのでベッドで本を読んでる時などにiPhoneでプレイリストが操作できるのは嬉しい。
個人的には再生、一時停止、音量調整だけでも十分だと思っている。

Tag : アプリ 


  | アプリ  | comment:0  | trackback:0  | TOP↑
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。