TIPS紹介とか日々の写真とか。

 iTunes Store(Japan)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  | スポンサー広告  | TOP↑
iPhone6のカメラの出っ張り具合
19日発売となるiPhone6 / 6Plus。
昨日、本体の到着を翌日に控え、ケースを探しに大手量販店へ。

今回はより薄い端末に仕上がってるのだからケースに厚みがあると意味がない!
そう思い探していると、厚くて1.5mm、薄くて0.5mmというものがありました。
落としてしまった時の衝撃吸収のためには薄すぎるのも良くないと考え0.7、0.8mmくらいのものを手にとったわけですが、ふと思い出したのがカメラ部分の出っ張り具合!出っ張りよりも薄いものってダメじゃん!

  Apple - iPhone 6 - カメラ

その場でアップルのウェブを調べたり、グーグルさんに聞いたりしたけどわからない。
SBのスタッフの方に調べてもらっても、関係者向けにもその記述がなくてわかりませんとのこと。
結局悩みに悩んで厚めの1mm強と思われるものを購入。

そして本体が到着して測ったところ、私視点でと断った上で0.7~0.8mmくらい
なかなか測るのが難しくて、最終的にクレジットカードを垂直に当ててカード端の文字までの隙間を測りました。
具体的な数値は別として購入したケースは無事機能を果たしてくれています。
ネット上の写真にはすでにカメラ部縁の塗装剥げが写っていたりしますね。

ちなみに買ったケースは、ELECOMのPM-A14UCTCR
値段も手頃でまーまーいいかなと納得です。よろしければぜひ!!


スポンサーサイト

Tag : TIPS 


  | tips  | comment:0  | trackback:0  | TOP↑
【TIPS】iPhoneでテザリング - NEXSU7とテザリング
先日NEXUS7を買ったのでテザリングを申し込んだ。
設定自体は簡単。

設定 → 一般 → モバイルデータ通信 → インターネット共有

Wi-Fi、Bluetooth、USBと3つの手段でテザリングできるが、
あまり通信速度を求めていないのでBluetoothでの利用とした。

iPhone5とNEXUS7のBluetoothをONにしてペアリングを行う。
その後NEXUS7側でペア設定したiPhone5を選び、インターネットアクセスにチェック。
するとiPhone5の画面上部に、
 インターネット共有:1台接続中
と表示される。
テザリングを切断するにはNEXUS7のBluetoothをOFFにすればいいだけ。

LTE版のNEXUS7を買ったがWi-Fi版でもよかったかもしれない。

  
左がLTE版、右2つがWi-Fi版32GB、16GB。
LTE版は来年1月31日までプリペイドSIMがサービスされるよ。

Tag : TIPS 


  | tips  | comment:0  | trackback:0  | TOP↑
【TIPS】iMessageの挙動 - 自動的に切り替わる
iOS5になって多数の機能が追加されましたがここではiMessageについて。

まずは公式。
メッセージをたくさん、たくさん、たくさん送ろう

簡単に言うと日本に限らず、キャリアを意識せずiOS5を搭載している機器でメッセージのやり取りができます。
数億もの世界中に存在するiOS端末にOSレベルでメッセージサービスを載せるというのはさすがだなぁと思います。


SMS/MMSでは左上のように宛先、送信ボタンが緑で表示されるのに対し、iMessageでは共に青となります。タイトルと本文中の表示も変化していますね。
すでにiMessageでやり取りできる宛先に対しては宛先右に青色の噴出しが表示されます。

imessage_1.jpg


ではどうすればiMessageでのやり取りになるのか?
結論としてはこちら側が意識する必要はありません。
宛先を入力するとAppleサーバーへ問い合わせ、宛先がiOS5であれば自動的にiMessageに切り替わります。

実際にiOS5を搭載しているだろう友達の宛先を入力すると数秒後に緑から青に変化しました。


では一歩進んで何がiMessageの対象となるのか?です。
従来、メールは
 ・電話番号
 ・~@softbank.ne.jp
 ・~@i.softbank.jp
のどれでも送受信できたわけですが、iMessageでも同じなのか?

結論。初期設定状態では電話番号でしかやり取りできません。
他のアドレスを使う場合は登録する必要があります。

 設定 → メッセージ → 受信用宛先 → メッセージ着信用の連絡先情報

デフォルトでは電話番号とApple IDのメールアドレスが表示されていると思います。
ここに別のメールアドレスを追加すると該当アドレスに
 Apple ID ご連絡先メールアドレスをご確認ください
というメールが届きこれを認証すればOK。
また発信者IDも登録したものの中から選ぶことができます。

imessage_2.jpg


と、ここまで書きながらいろいろやったり、調べたりしましたがどうもトラブルの可能性があるようで。。。
しばらくはiMessageはオフにして使うことになりそうです。(・∀・)

Tag : TIPS 


  | tips  | comment:0  | trackback:1  | TOP↑
【TIPS】iOS4.3でのホームシェアリングの設定
さてiOS4.3で対応されたホームシェアリング。
従来からホームシェアリングをONにすることでiPhoneからPCのiTunesを操作できたのだけど(→Remote)、それだけでは不満でPCの音源をiPhoneで再生したかった。
もちろんiPhoneに同期させればいいのだが、たまにしか聴かないものを入れておくという習慣がない。
それが今回のアップデートで解決された。

ふと聴きたくなってもわざわざ同期なんてせずに時には布団の中でゴロゴロしながら聴くことができる。
さらに屋内に限ることもない。屋外で庭作業をやってる時にBGMとして流すこともできる。
音楽だけでなく動画も再生できるので、動画はファイルサイズが大きくて同期したくない・・・という方にも嬉しいところ。


iOS4.3へのアップデートが完了したので早速設定してみた。
iTunes10.2以降が必要とのことでそちらもアップデート。

homeshare_1.jpg

左がiOSアップデート後のiPodの設定画面。


設定画面でApple IDとパスワードを入力しiPodを起動する。

homeshare_2.jpg

下に並ぶアイコンのその他をタップするとそこには共有が追加されていて、その先にはiTunesでのライブラリが表示される。
iTunesでのライブラリを選択するとプレイリスト、アーティスト等がiTunesのものに変化する。
どうやら切り替えての使用のようだ。

設定としてはこれだけなのだが、当然PCとiPhoneが同じネットワーク上であることが必要なのでご注意を。

Tag : TIPS  iOS 


  | tips  | comment:1  | trackback:0  | TOP↑
【TIPS】新システムへの移行によるiPhoneの同期 - ややこしい
新システムへの移行方法。あくまで自分用メモ。
検索から来られる人の参考程度に。
とにかくややこしいのは、
旧システムのiTunes Mediaフォルダ、音楽ファイルの場所をデフォルトから変更しているから。
だってデフォルトのCドライブにあると音楽とかアプリ増えれば容量逼迫するじゃない。。。



環境
Vista64ビット。
旧システムは旧HDDのC。
音楽ファイルは旧HDDの音楽ファイル用別ドライブに保存。
 (旧システムではD:music、新システムではE:music。ドライブレターは異なるが同じ場所。)
iTunes Mediaフォルダもデフォルトの場所を変更して別ドライブにある。
音楽ファイル以外はiTunes Mediaフォルダ以下に保存。
つまり、~\iTunes\iTunes Media\Musicは空っぽで、BooksやMobile Applicationsフォルダにはいろいろ入っている。
新システムは新HDDのCにインストール。


当然新システムにて作業を行う。
新システムからは旧システムはDと表示されている。

iTunes
 ・旧システムのiTunes Mediaフォルダの1つ上の階層をそのまま新システムにコピー。
  D:\Users\ユーザ名\Music\iTunes以下を → C:\Users\ユーザ名\Music\iTunesにコピー。
 ・iTunes Music Library.xmlをメモ帳などで開きファイルパスを修正し(D:をE:に全置換)デスクトップに保存。
 ・Album Artworkフォルダ、iTunes Mediaフォルダ以外を削除。
 ・iTunesを起動。(初期の状態で立ち上がる)
 ・メニューバーのファイル → ライブラリ → プレイリストをインポートで、先ほどデスクトップに保存したiTunes Music Library.xmlを指定する。
 ・音楽ライブラリが復元される。


連絡先
 旧システムの連絡先ファイルを新システムにコピー。
 D:\Users\ユーザ名\Contacts以下を → C:\Users\ユーザ名\Contactsにコピー。


アプリ
 iTunesを起動し、ファイル → フォルダーをライブラリに追加で
 C:\Users\ユーザ名\Music\iTunes\iTunes Media\Mobile Applicationsを指定。


これでiTunes自体の移行が終了。
ここからiPhoneの環境移行。
いろいろやったけれど結果上手く行ったものを書きます。以下時系列。


・旧システムでiTunesを起動しiPhoneの最新のバックアップを取る。(とりあえずこれがあれば最悪元に戻せる)
・新システムでiTunesを起動し同期する(私は連絡先、アプリ、音楽を同期)
ここで、
「このiPhoneはほかのiTunesライブラリと同期しています。iPhoneの内容を消去しこのiTunesライブラリと同期してもよろしいですか?」
というようなメッセージがでるが構わず続行。
同期が完了したらたくさんあったアプリが購入時点の状態になっていた。


・先に取った旧システムのバックアップファイルを新システムにコピー。
 同期の際に作成されたバックアップファイルを削除してから、
 D:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync\Backupの該当するものを
 C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync\Backupにコピー。

iBackupBotを起動してコピーしたバックアップを選びrestore。
iPhoneのホームアイコンが以前の状態になっているはず。



とにかくiBackupBotがあればトラブルは何とかなるってことがわかった。

Tag : TIPS  トラブル 


  | tips  | comment:0  | trackback:0  | TOP↑
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。