TIPS紹介とか日々の写真とか。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  | スポンサー広告  | TOP↑
【UPDATE】iOS4.1リリース - SNS的要素の追加
あの暑さはどこへ?くらいにすっかり涼しく秋だなぁと。
また暑くなるかもしれないですけど少し変化を感じられるのは四季があるからだとしみじみ。

昨日は台風の影響で大雨。
東京は水浸し。やはり大都市って自然災害に弱いのかね?
標高低いってこともあるか。


さてさてiOSのアップデートがきてます。
コンマ1桁目の更新は機能拡張とかなのかな。
追加機能は
 ・Game Center
 ・iTunes Ping
この2つでいずれもSNS的要素。
そのうちPSPみたいに電車内の人とゲームできたりするのかね?
今すぐアップデートしてもいいんだけど不具合怖い、というかめんどくさいのでもう少し情報を集めてからにします。

詳細はアップルのiOS4.1公式


追加。
結局アップデートしたw

iOS 4.1 ソフトウェア・アップデート
このアップデートでは以下のような点が改善されます:

• Game Center
- 友達リクエストを送受信できます
- 友達をインターネット経由でマルチプレーヤーゲームに招待できます
- マルチプレイヤーゲームを他のプレイヤーとの自動マッチングでプレイできます
- リーダーボードと成績を表示できます
- 新しいゲームを友達から発見できます
• iPhone 4 上でハイダイナミックレンジ(HDR)写真
• 「iTunes」上でテレビ番組をレンタルできます
• HD ビデオを iPhone 4 上の Wi-Fi を使って YouTube や MobileMe にアップロードできます
• 次/前のトラックの制御など、AVRCP 対応アクセサリのサポートが拡張されます
• 「よく使う項目」から FaceTime を直接呼び出せます
• 以下のような問題点が解決されます:
- iPhone 4 の近接センサーのパフォーマンス
- iPhone 3G のパフォーマンス
- Nike+iPod の修正
- Bluetooth の機能向上

このソフトウェア・アップデートと互換性のある製品:
• iPhone 4
• iPhone 3GS
• iPhone 3G
• iPod touch(第二世代以降)
スポンサーサイト

Tag : iOS 


  | iOS  | comment:0  | trackback:0  | TOP↑
【ニュース】新型iPodの発表! - nanoがかわい過ぎる件
最近昼夜逆転で困ったちゃんです。
冗談抜きで太陽の光を浴びていない。ランチにも行ってない。
そもそも冷房つけて寝てるので外のホントに9月か?みたいな暑ささえ知らないという。。。
残暑厳しいですが体調管理には気をつけてくださいね~。


さてさて、新型iPod発表されましたね~。
iPod touchはiPhone4から通話機能を省いたものと言ってしまってもいいのではないでしょうか。
事前にある程度噂されていたので予想通りでしたけどね。
ただ、期待されていた?SIMスロットはありませんでしたね。
データ通信専用のSIMだとしても付かないでしょうそりゃ。ちょっと考えればわかると思うんだけど。。。

アップルのリンクはこちら。
 iPod touch
 iPod nano

個人的にはtouchよりもnano!
このデザインはかわいい!!インパクトがすごかった。
約4cm四方、厚さはクリップ部を含めて約9mm、重量なんて21gですからね。
そしてこんなに小さいのにiPhoneやiPod touchのようにスワイプできるという。

私は初代iPod touchで音楽を聴いてるのでiPhoneとの2台持ちです。
日頃そんなに不満はないのだけれど、かばんの中身がいっぱいの時はさすがに邪魔だなぁと思ったりもする。
久しぶりに食指が動いてます。

  


個人的な感覚としてtouchは32GBがバランスがよく、nanoはただピンクが好きだからという理由で選択。
容量や色はリンク先で変更できますよー。

shuffleも新しくなってます。
2GBと容量は小さいけれども軽く音楽聴くだけとか、コスト優先の人はこちらでも全然いいと思う。
商品ってのはターゲットが違いますからね。うん。

Tag : ニュース 


  | ニュース  | comment:0  | trackback:0  | TOP↑
【TIPS】カメラロールのアルバムと撮影地 - 上手く使い分けるべし
いまさら感はある内容だが需要はあるはず。
以前書いたスクリーンショットの撮り方の記事に検索からやってくる人が予想以上にいるのだ。


iOS4から撮影地情報(GPS情報、ジオタグ)を持っている画像が地図上にマッピングされるようになった。
カメラロールを開くと「アルバム」と「撮影地」タブが表示される。
もし撮影地タブが表示されない場合は、撮影地情報を持った画像が保存されてないからでしょう。
iPhone4で撮る写真に撮影地情報を付加するには設定が必要で、

 設定 → 一般 → 位置情報サービス

ここで位置情報サービスをオンにして、かつその下の一覧にあるカメラをオンにすればいい。
これでその後撮る写真には位置情報が記録されることになる。

注意としては、それらの画像をネット上にUPするとプライバシーに関わってくるということである。
当初私はそれを危惧して位置情報をオフにしていたのだが、
私がネット上に画像をUPするのはtwitterでツイートする時くらいで、そのUP先はtwitpicであり、
UPの際に位置情報が削除されることがわかったのでそれ以来位置情報をオンにしている。


camera_1.jpg

このようにカメラロール内に位置情報(GPS情報、ジオタグ)が記録された画像があると撮影地タブが表示される。
撮った順という時系列に対して撮った場所という地理的情報。この2つを上手く使いたいところ。
日付はわからなくても場所はわかる、そしてその逆。日付も場所も忘れるってことはないでしょうw


camera_2.jpg

地図を拡大していくと撮ったポイントがピンで表示される。
さらに拡大していくとピンが分離しより詳細な位置が表示される。


camera_3.jpg

ピンをタップするとその場所での画像の枚数が表示され、矢印をタップするとその画像を見ることができる。


実際に撮影地タブを利用してみての感想としては撮影地情報をオンにした方がいいと思う。
日々の利用での画像UP先ってのは多分決まってるはずで、
そこにUPしたら位置情報がどうなってるのかを確認してみるといいでしょう。

Tag : TIPS 


  | tips  | comment:0  | trackback:1  | TOP↑
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。