TIPS紹介とか日々の写真とか。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






ここのツールは使いやすいですよ。スプも狭いしデイトレでの小遣い稼ぎにはもってこい!   

  | スポンサー広告  | TOP↑
【TIPS】カメラロールのアルバムと撮影地 - 上手く使い分けるべし
いまさら感はある内容だが需要はあるはず。
以前書いたスクリーンショットの撮り方の記事に検索からやってくる人が予想以上にいるのだ。


iOS4から撮影地情報(GPS情報、ジオタグ)を持っている画像が地図上にマッピングされるようになった。
カメラロールを開くと「アルバム」と「撮影地」タブが表示される。
もし撮影地タブが表示されない場合は、撮影地情報を持った画像が保存されてないからでしょう。
iPhone4で撮る写真に撮影地情報を付加するには設定が必要で、

 設定 → 一般 → 位置情報サービス

ここで位置情報サービスをオンにして、かつその下の一覧にあるカメラをオンにすればいい。
これでその後撮る写真には位置情報が記録されることになる。

注意としては、それらの画像をネット上にUPするとプライバシーに関わってくるということである。
当初私はそれを危惧して位置情報をオフにしていたのだが、
私がネット上に画像をUPするのはtwitterでツイートする時くらいで、そのUP先はtwitpicであり、
UPの際に位置情報が削除されることがわかったのでそれ以来位置情報をオンにしている。


camera_1.jpg

このようにカメラロール内に位置情報(GPS情報、ジオタグ)が記録された画像があると撮影地タブが表示される。
撮った順という時系列に対して撮った場所という地理的情報。この2つを上手く使いたいところ。
日付はわからなくても場所はわかる、そしてその逆。日付も場所も忘れるってことはないでしょうw


camera_2.jpg

地図を拡大していくと撮ったポイントがピンで表示される。
さらに拡大していくとピンが分離しより詳細な位置が表示される。


camera_3.jpg

ピンをタップするとその場所での画像の枚数が表示され、矢印をタップするとその画像を見ることができる。


実際に撮影地タブを利用してみての感想としては撮影地情報をオンにした方がいいと思う。
日々の利用での画像UP先ってのは多分決まってるはずで、
そこにUPしたら位置情報がどうなってるのかを確認してみるといいでしょう。






ここのツールは使いやすいですよ。スプも狭いしデイトレでの小遣い稼ぎにはもってこい!   
Tag : TIPS 


  | tips  | comment:0  | trackback:1  | TOP↑
comment
comment posting














 

trackback URL
http://iphone4tips.blog112.fc2.com/tb.php/44-b9ae2f39
trackback
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X4 ダブルズームキット ...
| どうなんでしょうか | 2010.09.03 17:52 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。