TIPS紹介とか日々の写真とか。

 iTunes Store(Japan)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  | スポンサー広告  | TOP↑
【TIPS】新システムへの移行によるiPhoneの同期 - ややこしい
新システムへの移行方法。あくまで自分用メモ。
検索から来られる人の参考程度に。
とにかくややこしいのは、
旧システムのiTunes Mediaフォルダ、音楽ファイルの場所をデフォルトから変更しているから。
だってデフォルトのCドライブにあると音楽とかアプリ増えれば容量逼迫するじゃない。。。



環境
Vista64ビット。
旧システムは旧HDDのC。
音楽ファイルは旧HDDの音楽ファイル用別ドライブに保存。
 (旧システムではD:music、新システムではE:music。ドライブレターは異なるが同じ場所。)
iTunes Mediaフォルダもデフォルトの場所を変更して別ドライブにある。
音楽ファイル以外はiTunes Mediaフォルダ以下に保存。
つまり、~\iTunes\iTunes Media\Musicは空っぽで、BooksやMobile Applicationsフォルダにはいろいろ入っている。
新システムは新HDDのCにインストール。


当然新システムにて作業を行う。
新システムからは旧システムはDと表示されている。

iTunes
 ・旧システムのiTunes Mediaフォルダの1つ上の階層をそのまま新システムにコピー。
  D:\Users\ユーザ名\Music\iTunes以下を → C:\Users\ユーザ名\Music\iTunesにコピー。
 ・iTunes Music Library.xmlをメモ帳などで開きファイルパスを修正し(D:をE:に全置換)デスクトップに保存。
 ・Album Artworkフォルダ、iTunes Mediaフォルダ以外を削除。
 ・iTunesを起動。(初期の状態で立ち上がる)
 ・メニューバーのファイル → ライブラリ → プレイリストをインポートで、先ほどデスクトップに保存したiTunes Music Library.xmlを指定する。
 ・音楽ライブラリが復元される。


連絡先
 旧システムの連絡先ファイルを新システムにコピー。
 D:\Users\ユーザ名\Contacts以下を → C:\Users\ユーザ名\Contactsにコピー。


アプリ
 iTunesを起動し、ファイル → フォルダーをライブラリに追加で
 C:\Users\ユーザ名\Music\iTunes\iTunes Media\Mobile Applicationsを指定。


これでiTunes自体の移行が終了。
ここからiPhoneの環境移行。
いろいろやったけれど結果上手く行ったものを書きます。以下時系列。


・旧システムでiTunesを起動しiPhoneの最新のバックアップを取る。(とりあえずこれがあれば最悪元に戻せる)
・新システムでiTunesを起動し同期する(私は連絡先、アプリ、音楽を同期)
ここで、
「このiPhoneはほかのiTunesライブラリと同期しています。iPhoneの内容を消去しこのiTunesライブラリと同期してもよろしいですか?」
というようなメッセージがでるが構わず続行。
同期が完了したらたくさんあったアプリが購入時点の状態になっていた。


・先に取った旧システムのバックアップファイルを新システムにコピー。
 同期の際に作成されたバックアップファイルを削除してから、
 D:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync\Backupの該当するものを
 C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync\Backupにコピー。

iBackupBotを起動してコピーしたバックアップを選びrestore。
iPhoneのホームアイコンが以前の状態になっているはず。



とにかくiBackupBotがあればトラブルは何とかなるってことがわかった。

Tag : TIPS  トラブル 


  | tips  | comment:0  | trackback:0  | TOP↑
【TIPS】カメラロールのアルバムと撮影地 - 上手く使い分けるべし
いまさら感はある内容だが需要はあるはず。
以前書いたスクリーンショットの撮り方の記事に検索からやってくる人が予想以上にいるのだ。


iOS4から撮影地情報(GPS情報、ジオタグ)を持っている画像が地図上にマッピングされるようになった。
カメラロールを開くと「アルバム」と「撮影地」タブが表示される。
もし撮影地タブが表示されない場合は、撮影地情報を持った画像が保存されてないからでしょう。
iPhone4で撮る写真に撮影地情報を付加するには設定が必要で、

 設定 → 一般 → 位置情報サービス

ここで位置情報サービスをオンにして、かつその下の一覧にあるカメラをオンにすればいい。
これでその後撮る写真には位置情報が記録されることになる。

注意としては、それらの画像をネット上にUPするとプライバシーに関わってくるということである。
当初私はそれを危惧して位置情報をオフにしていたのだが、
私がネット上に画像をUPするのはtwitterでツイートする時くらいで、そのUP先はtwitpicであり、
UPの際に位置情報が削除されることがわかったのでそれ以来位置情報をオンにしている。


camera_1.jpg

このようにカメラロール内に位置情報(GPS情報、ジオタグ)が記録された画像があると撮影地タブが表示される。
撮った順という時系列に対して撮った場所という地理的情報。この2つを上手く使いたいところ。
日付はわからなくても場所はわかる、そしてその逆。日付も場所も忘れるってことはないでしょうw


camera_2.jpg

地図を拡大していくと撮ったポイントがピンで表示される。
さらに拡大していくとピンが分離しより詳細な位置が表示される。


camera_3.jpg

ピンをタップするとその場所での画像の枚数が表示され、矢印をタップするとその画像を見ることができる。


実際に撮影地タブを利用してみての感想としては撮影地情報をオンにした方がいいと思う。
日々の利用での画像UP先ってのは多分決まってるはずで、
そこにUPしたら位置情報がどうなってるのかを確認してみるといいでしょう。

Tag : TIPS 


  | tips  | comment:0  | trackback:1  | TOP↑
【TIPS】iBackupBot for iTunes - これさえあれば怖いものなし!
新たに「ツール」なんてカテゴリ作っても増えないだろうから「TIPS」に分類しちゃう。


一応この記事には前フリがあってそれが一つ前のこの記事。
まっ読まなくてもいいように記事を分けたんだけどね。

 【トラブル】連絡先が消えた! - 復活までの過程

このトラブルは最終的に、
復元を最後まで行い連絡先が白紙の状態で、以下のツールを使いつまりiTunesを使わずに再度復元する
ことで解決しました。

11.10.14追記。
-----
iOS5へのアップデートで連絡先などが消えてしまい、検索からこちらにいらっしゃる方が急増しています。
このツールを使いこなしているわけでもなく、むしろ数回程度しか使ったことはないのですが、これさえあれば一通りなんでもできるかなぁという印象です。
ただ、必要なバックアップファイルが存在することが大前提です。
バックアップファイルからゴニョゴニョするのでそれがないことには始まりません。
基本的には同期やiOSアップデートの際には自動的にバックアップが取られるはずなのですが、あるはずのそれがない!という事例もあります。その場合はそれ以前のバックアップファイルからの復旧となりますので。

また
 ツール使用中にエラーが出たのですが?
などの質問を頂いても当然わかりません。
使い方としては連絡先をテキストに出力したり、写真を抽出したりできますが、復元に関してはRestoreボタンを押すだけです。
全ては自己責任でどうぞ。

また、2011/10/18,19のtomtomさんのコメントも参考にどうぞ。
-----




その素晴らしいツールを紹介!

iBackupBot for iTunes
http://www.icopybot.com/itunes-backup-manager.htm

これを使えばiTunesで取ったiPhoneのバックアップファイルをいじることができるのです。
表示、閲覧は当然、画像や動画、ボイスメモの抽出や、逆に復元もできるのです!
JBする人はすでに使っているツールで、ちょっと遊んでみたい人にもいいかも。
難しくてわからない!って人にとっても頭の片隅に覚えておけばトラブった時の解決策になると思う。

back_1.jpg

自動的にPCに保存されてあるバックアップファイルを検出してくれます。

10.12.09追記。
バックアップファイルの場所。
 C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync\Backup
AppDataは隠しフォルダ。コンパネ→フォルダオプションから表示。


back_2.jpg

読み込んだところ。


back_3.jpg

左のアプリを選択すると該当アプリに関するファイルが右に表示される。
アプリによってファイル管理が全く違って面白い。


ツールバーからはメッセージや連絡先、メモなどにアクセスできる。

back_4.jpg

メッセージ一覧。ところどころ本文が見えない。理由はナゾ。


back_5.jpg

こちらは連絡先一覧。
Creation Dateは復元した時間になっている。


back_6.jpg

メモ一覧。全然使ってないという。。。


back_7.jpg

発着信履歴。


back_8.jpg

ここでは画像や、動画などのファイルを抽出することができる。
アプリによっては勝手にウェブ上の画像を保存していて容量圧迫原因。


back_9.jpg

ツールバー右から3番目にある、Restore backup/file to iPhone/iPod Touch から復元。
復元画面。自動的に再起動される。


連絡先1件のみの復元なんてことができたみたいだけど今はできないとか。
やってないけど多分、OSのバージョンを合わせれば、iPhoneのデータをiPodに移したりできそう。


無事解決しましたら↓ご協力お願いします(・∀・)

Tag : TIPS 


  | tips  | comment:101  | trackback:0  | TOP↑
【TIPS】連絡先の同期について - 挙動把握してます?
しばらく東京を離れていたのですが戻ってみると涼しくなったなぁと。
全国的なものですかね?
でもこう涼しくなるとちょっぴり淋しさなんてものがこみ上げてきます。
寒いのが嫌いだからです。夏の方が好き。暑くてぶっ倒れそうになるけれど。。。


さて今回は連絡先の同期について。
同期・・・デフォルトではケーブル挿すと勝手に行われるので意識は薄いかもしれない。
でも疑問に思ったりしませんか??あーすればどうなるのだろう?って。
以下はいろいろと実験した結果。自分のための記録と参考までに。
連絡先以外の同期については確認してませんからね。基本はこんな感じだと思いますけど。

注) itunesで下にある 詳細、このiPhone上で置き換わる情報 のところにはチェックなし状態です


・ PC側のみ変更の場合はそれがiphone側に反映される
・ iphone側のみ変更の場合はそれがPC側に反映される

・ PC側、iphone側の両方に変更を加えた場合は

 a) 異なる連絡先(AさんとBさん)への変更はそれぞれ共に反映される
    ex. PC側でAさんを消せばiphone上からも消え、iphoneでBさんを加えればPC側に追加される

 b) 同じ連絡先への変更(PC側、iphone側両方でAさんへの変更)は

  1. 異なる項目(姓とふりがな、電話番号とメアドなど)の変更は、PC、iphone両方に反映される
  2. 同じ項目に対しては、不一致の解消という窓が表示される
     今すぐ確認をクリックすると適切な方を選択する窓が表示され、選択したものに同期される

adsync_1.jpg

adsync_2.jpg
ip4_tipsからiphone側ではip4を、PC側ではtipsを削って同期させた結果。
図ではiphone側が適切な情報として選択されている。

  3. 削除が絡む(PC側で削除、iphone側では変更、その逆も)場合は削除が優先される


以上こんな挙動を示します。
まーこんなの調べるのって私くらいかね?一般的には気にもならないよね。
参考になったら↓よろしくです。

Tag : TIPS 


  | tips  | comment:3  | trackback:0  | TOP↑
【TIPS】メールの添付ファイルについて - 小技もあり
なんとなくFC2のあるサービスを追加したところ、
グーグルさんにスパムと認識されたようで検索エンジンからほぼ消えてしまったこのブログ。
ちゃんとSEOについて勉強しなきゃいけないなぁと反省した8月。
ログを見てこりゃぁおかしい!と即削除しましたがさていつになったら光を浴びることができるのか・・・



さて、iPhoneのメールにおける添付ファイルについて。
メッセージ内の添付ファイルのうち、
画像に関しては、JPEG、GIF、およびTIFFが本文と共にインライン表示され、
オーディオファイルはMP3、AAC、WAV、AIFFなどを再生可能。
その他、PDF、Webページ、テキスト、「Pages」、「Keynote」、「Numbers」、「Word」、「Excel」、「PowerPoint」
などの各書類はダウンロードすることで表示することができます。

iPhoneが対応していないファイル形式の場合にはファイルの名前は表示されるけど当然開けない。
その対応しているファイルは次のもの。

.doc  Microsoft Word
.docx  Microsoft Word(XML)
.htm  Webページ
.html  Webページ
.key  Keynote
.numbers  Numbers
.pages  Pages
.pdf  プレビュー、Adobe Acrobat
.ppt  Microsoft PowerPoint
.pptx  Microsoft PowerPoint(XML)
.rtf  リッチテキスト形式
.txt  テキスト
.vcf  連絡先情報
.xls  Microsoft Excel
.xlsx  Microsoft Excel(XML)



ついでだから書いておこう。
・さくっとメールを削除する
メールを削除する際、わざわざ本文を開いてからゴミ箱をタップしなくても、
リストの画面で該当のものを左右にスライドさせると削除ボタンがでますからね。
メールマガジンなどで本文を開かなくてもゴミ箱行きとわかるものはこうやって削除すると便利よ。

・最後に保存した下書きを素早く開く
右下にあるメール作成ボタンをタップしたままにすると最後に保存した下書きが開くよ。

・画像の添付方法
1つのメールで、SMS/MMSでは2つまで、メールでは5つまでの画像を添付可能。
添付方法は、写真を開き、左下のアイコンをタップ → 添付する画像を選択し共有をタップ。
2つまでの選択なら、
 ・メールで送信
 ・MMSで送信
の2つが表示され、3~5つ選択した場合は前者のみが表示される。
SMS/MMSではメール作成画面のカメラマークからでも2回まで添付可能。

Tag : TIPS 


  | tips  | comment:0  | trackback:1  | TOP↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。